ラフソング

歌詞

ラフソング

例えば桃色の花道に咲いてて
君と見る空の方が絶対美しい
例えば桃色の花君を奪って
私が悲しむことは絶対ないだろう

何度も疑うけれどその度壊していく
何も知らずに君はただ笑ってるだけ

後悔して前を進む影を踏む
『永遠』の邪魔をするもの失くしていく
染めた頬を夕焼けに溶かして隠す
2人の間に甘さは必要ないの

触れることないその手が奏でる音と
触れさせることない唇(くち)歌うメロディ

2つが重なった時何より強い力
2人を結び付ける
色んな想い溢れる

感動してまた新しく夢を見る
いつか触れる誰かより愛おしくなるの
月の下で2人眠ることも出来る
ポケットの花びらのことは秘密にしよう

後悔して前を進む影を踏む
『永遠』の邪魔をするもの失くしていく
感動してまた新しく夢を見る
いつか触れる誰かより愛おしくなるの

いつまでもずっと君と歩いて行く

inserted by FC2 system